アマビエ人気で注目? 「コロナ退散の守護神」は東京・お茶の水にいた

「疫病を鎮静化する」と伝えられる熊本ゆかりの妖怪「アマビエ」、東京にも同じような伝説が残されているそうです。ライターの伊勢幸祐さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_07.jpg
疫病退散の伝説が残る「太田姫稲荷神社」の社殿(画像:伊勢幸祐)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_08.jpg
疫病退散の伝説が残る「太田姫稲荷神社」のご神木(画像:伊勢幸祐)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_09.jpg
名前もユニークな須田町の「出世稲荷」(画像:伊勢幸祐)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_10.jpg
「太田姫稲荷神社」の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_11.jpg
「幸徳稲荷神社」の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_12.jpg
「妙法護衛稲荷神社」の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_13.jpg
「出世稲荷神社」の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_01.jpg
水木プロダクションのツイッターアカウントが投稿した「アマビエ」(画像:(C)水木プロ)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_02.jpg
永井荷風が著した『日和下駄』(画像:講談社)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_03.jpg
私有ビルの2階に鎮座する「幸徳稲荷神社」(画像:伊勢幸祐)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_04.jpg
ビルの谷あいにたたずむ「妙法護衛稲荷神社」(画像:伊勢幸祐)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_05.jpg
疫病退散の伝説が残る「太田姫稲荷神社」(画像:伊勢幸祐)
/wp-content/uploads/2020/04/200417_inari_06.jpg
プラスチック製の箱の中に入れられた護符。お札には「太田姫一口稲荷」の文字(画像:伊勢幸祐)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×