現金給付か、商品券か 人のいなくなった東京を救う「国民目線」の緊急経済対策とは?

新型コロナウイルス感染拡大を受け、7日に発令された緊急事態宣言。実際に首相会見に参加したフリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_07.jpg
会見終了後、マスクを着用して退席しようとした安倍首相(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_08.jpg
会見場となる大ホールに、マスク姿で現れた安倍晋三首相。手前のガラス板は、読み上げる原稿を投影するプロンプターという機械(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_01.jpg
4月8日の新宿歌舞伎町の様子。多くの飲食店が店を閉めており、人通りもなかった(画像:ULM編集部)
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_02.jpg
緊急事態宣言について説明をする安倍晋三首相(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_03.jpg
緊急事態宣言を表明するための記者会見は、3密を避けるため記者を制限。席の間隔も配慮された(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_04.jpg
会見には、安倍晋三首相(右)のほか、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の尾身茂副座長(左)も同席(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_05.jpg
豪華な和牛のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_06.jpg
4月8日の新宿駅西口の様子。普段なら街宣活動や募金活動の中心地だが、何もなかった(画像:ULM編集部)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×