“脱日常”の特製ビーフカレー「椿屋珈琲店本館」 | 老舗レトロ喫茶の名物探訪(4)

2018年11月6日

お出かけ
ULM編集部

銀座にある椿屋珈琲店本館は、大正時代をイメージした意匠が独特です。加えて、サイフォン式の自家焙煎コーヒー、椿屋特製ビーフカレーなど、高級感と自家製にこだわった看板メニューが「脱日常」に誘ってくれます。

/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_01.jpg
昭和初期に建設された第一菅原ビル。右側の写真がスクラッチタイルに縦長の窓と丸窓(2018年9月10日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_02.jpg
大正時代のアール・ヌーボーをモチーフとした2階の内装(2018年9月6日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_03.jpg
3階への階段横の壁には洋画家、東郷青児の絵が飾られている(2018年9月6日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_04.jpg
女性スタッフの制服(2018年9月6日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_05.jpg
コーヒーはサイフォンのフラスコに入れて運ばれてくる。椿屋オリジナルブレンドは1000円(税込、以下同)(2018年9月6日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_06.jpg
椿屋特製ビーフカレー 1350円。飲み物とサラダの付いたランチメニューは1560円とお得。飲み物(コーヒーか紅茶)とセットで1800円(2018年9月6日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_07.jpg
たっぷり玉ねぎをよく炒め、大釜で煮込んでいるというトロトロのビーフカレー(2018年9月6日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_9.jpg
渋皮のモンブラン 780円。飲み物とセットで1480円(2018年9月6日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_10.jpg
北海道 赤肉メロンのショートケーキ 930円は、季節もので期間限定商品(8月中旬〜10月初旬くらいまで)。飲み物とセットで1630円(2018年9月6日、宮崎佳代子撮影)。
/wp-content/uploads/2018/11/180910_tsubakiya_11.jpg
紅茶シフォンケーキ 780円。ランチタイムは特製ビーフカレーと飲み物とセットで 1800円(2018年9月6日、宮崎佳代子撮影)。

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×