曲選びは電話帳のような「分厚い本」 昔懐かしカラオケボックスの歴史を振り返る

ひとりで行っても、仲間と行っても楽しいカラオケ。さまざまな娯楽が生まれ多様化するなか、カラオケはいかにして「定番」の地位を確立したのでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/04/200403_karaoke_05.jpg
2019年2月1日~2020年1月31日に通信カラオケDAMでうたわれた「卒業ソング」ランキング(画像:第一興商)
/wp-content/uploads/2020/04/200403_karaoke_01.jpg
ひとりで行っても、仲間と行っても楽しいカラオケ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/04/200403_karaoke_02.jpg
飲み会では2次会の定番となったカラオケ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/04/200403_karaoke_03.jpg
かつてのカラオケでは、歌いたい曲を探すために「目次本」を使っていた(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/04/200403_karaoke_04.jpg
あらゆる世代にとって定番の娯楽となったカラオケ(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×