もはや「焼き鳥」はおしゃれなデートアイテム? 鍵はカウンターと希少部位、都内最新事情に迫る

もくもくした煙の中で食べるイメージがいまだ強い焼き鳥。そんな焼き鳥ですが近年、そのようなイメージを覆すような、デートにぴったりの店が増えているといいます。ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の有木真理さんが解説します。

/wp-content/uploads/2021/03/200309_yakitori_08.jpg
食べたことがある/食べてみたい焼き鳥の「希少部位」トップ10(画像:リクルートライフスタイル)
/wp-content/uploads/2020/03/200309_yakitori_01.jpg
「おしゃれカウンター焼き鳥」で出される素材イメージ(画像:プレコフーズ)
/wp-content/uploads/2021/03/200309_yakitori_02.jpg
カップルで食事するイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/03/200309_yakitori_03.jpg
シャンパンに合う焼き鳥店が増えている(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/03/200309_yakitori_04.jpg
「鳥幸」の店内(画像:東京レストランツファクトリー)
/wp-content/uploads/2021/03/200309_yakitori_05.jpg
「ホットペッパーグルメ外食総研」が行ったアンケート調査「『希少部位』と聞くと食べたくなりますか?」の結果(画像:リクルートライフスタイル)
/wp-content/uploads/2021/03/200309_yakitori_06.jpg
腰骨の付け根の筋肉「ソリレス」(画像:本家あべや)
/wp-content/uploads/2021/03/200309_yakitori_07.jpg
さまざまな部位が並べられた「酉玉」のウェブサイト(画像:ビータス)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×