日本近代美術の父・岡倉天心と4月開催「ボストン美術館展」を結ぶ知られざる深い関係とは

2020年4月16日から東京都美術館で開催される「ボストン美術館展 芸術×力」。そんなボストン美術館に深く関わった岡倉天心について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_07.jpg
岡倉天心記念公園の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_08.jpg
岡倉天心記念公園の外観(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_09.jpg
岡倉天心記念公園の片隅には、日本美術院発祥之地碑が建立されている(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_10.jpg
1997年、茨城県の五浦の地に開館した天心記念五浦美術館(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_11.jpg
エジプト、ヨーロッパ、インド、中国、日本などさまざまな地域で生み出された約60点の作品をとおして、力とともにあった芸術の歴史を振り返ることができる「ボストン美術館展 芸術×力」(画像:日本テレビ放送網)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_12.jpg
エジプト、ヨーロッパ、インド、中国、日本などさまざまな地域で生み出された約60点の作品をとおして、力とともにあった芸術の歴史を振り返ることができる「ボストン美術館展 芸術×力」(画像:日本テレビ放送網)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_13.jpg
エジプト、ヨーロッパ、インド、中国、日本などさまざまな地域で生み出された約60点の作品をとおして、力とともにあった芸術の歴史を振り返ることができる「ボストン美術館展 芸術×力」(画像:日本テレビ放送網)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_14.jpg
エジプト、ヨーロッパ、インド、中国、日本などさまざまな地域で生み出された約60点の作品をとおして、力とともにあった芸術の歴史を振り返ることができる「ボストン美術館展 芸術×力」(画像:日本テレビ放送網)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_01.jpg
日本の美術振興のために尽力した岡倉天心(画像:天心記念五浦美術館)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_02.jpg
ボストン美術館の外観(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_03.jpg
1997年、茨城県の五浦の地に開館した天心記念五浦美術館(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_04.jpg
天心記念五浦美術館の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_05.png
1906年に刊行された『茶の本』(画像:岩波書店)
/wp-content/uploads/2020/03/200307_tenshin_06.jpg
東京都台東区の旧岡倉邸跡は公園として整備され、現在は地域住民の憩いの場になっている(画像:小川裕夫)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×