東京都「自転車保険」義務化で注目 荒川区の取り組み「自転車免許制度」とは?

自動車の交通事故件数が年々大きく減少しているのに比べて、自転車事故は「微減」状態。こうした状況を踏まえ東京都は、2020年4月1日から「自転車保険」への加入を義務づけます。事故件数減に向けた行政の取り組みについて、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

/wp-content/uploads/2020/03/200304_chari_05.jpg
2020年1月に約2万人を対象に行われた、都道府県別の「自転車保険」加入率(画像:au損害保険)
/wp-content/uploads/2020/03/200304_chari_01.jpg
東京は4月1日から「自転車保険」への加入が条例で義務づけられる(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/03/200304_chari_02.jpg
駐輪場に並ぶ自転車の数々(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2020/03/200304_chari_03.jpg
自転車の「免許証」が交付される荒川区の自転車安全利用講習会(画像:荒川区ウェブサイト)
/wp-content/uploads/2020/03/200304_chari_04.jpg
新宿区役所に設置されているNTTドコモの自転車シェアリングのポート。ドコモのほかソフトバンクなども自転車シェアリング事業に参入している(画像:小川裕夫)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×