プロレスにパレードも 美術に詳しくなくても楽しめる! 武蔵野美術大学の芸術祭

2018年10月26日

イベント
ULM編集部

「芸術」と聞くと、詳しくない人にはわかりにくい世界かと思う人もいるかも知れません。ですが武蔵野美術大学の芸術祭は、芸術がよくわからずとも気軽に、学生じゃなくても楽しめるコンテンツがいっぱいです。

/wp-content/uploads/2018/10/image-1-1.jpg
過去の芸祭の展示作品や会場の様子(画像:武蔵野美術大学)
/wp-content/uploads/2018/10/image-2-2.jpg
2017年の芸祭『ビ×ビット』の様子。構内の随所に、ゲームの世界観を持つカラフルな装飾が設置され、来場者の目を楽しませた(画像:武蔵野美術大学)
/wp-content/uploads/2018/10/image-3-2.jpg
2018年の芸祭『アート・マハル』のポスター(画像:武蔵野美術大学)
/wp-content/uploads/2018/10/image-4-2.jpg
2018年の制作の様子(画像:武蔵野美術大学)
/wp-content/uploads/2018/10/image-5.jpg
過去の模擬店の様子(画像:武蔵野美術大学)
/wp-content/uploads/2018/10/181027_mau_06-1.jpg
過去には、オリジナルの手ぬぐいが販売されていたことも(画像:武蔵野美術大学)
/wp-content/uploads/2018/10/181027_mau_07-1.jpg
プロレス大会やパフォーマンスの様子(画像:武蔵野美術大学)
/wp-content/uploads/2018/10/181027_mau_08-1.jpg
彫刻学科によるお神輿は毎年恒例の伝統行事(画像:武蔵野美術大学)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

×