旧国立競技場なき今こそ、調布にある「もうひとつの五輪聖地」に行こう

東京オリンピックが開催される2020年。フリーライターの立花加久さんが新旧の関連スポットを散策しました。

/wp-content/uploads/2020/01/200116_ori_05.jpg
選手村記念碑に貼られた1964年東京オリンピック「選手村」の配置図(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/01/200116_ori_06.jpg
日本オリンピックミュージアムにたたずむスリムで若いクーベルタン像(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/01/200116_ori_07.jpg
日本オリンピックミュージアムにある触ったり戯れたりできる五輪オブジェ(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/01/200116_ori_08.jpg
曲線を生かした日本オリンピックミュージアム本館ビルの外観(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/01/200116_ori_09.jpg
折り返し地点記念碑のある「武蔵野の森総合スポーツプラザ」は、バトミントンやフェンシングの五輪会場でもある(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/01/200116_ori_01.jpg
道路脇にたたずむ、前・東京オリンピックのマラソンの折り返し地点碑(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/01/200116_ori_02.jpg
大きな道路標識でドライバーにもアピールする折り返し地点(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/01/200116_ori_03.jpg
記念碑の中でも、特に大きな「選手村記念碑」(画像:立花加久)
/wp-content/uploads/2020/01/200116_ori_04.jpg
2019年9月にオープンしたばかりの新館ミュージアム(画像:立花加久)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×