軍事バランスだけが本当に必要なのか? 夢の島「第五福竜丸展示館」から聞こえる平和へのメッセージを聞け

1954年3月に発生した第五福竜丸の被爆事故。その記憶を手繰り寄せるべく、都市探検家の黒沢永紀さんが江東区の「第五福竜丸展示館」を訪ねました。

/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_07.jpg
館内に展示された「死の灰」(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_01.jpg
「第五福竜丸展示館」内で静かに眠る第五福龍丸(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_02.jpg
敷地内にある久保山無線長の辞世の言葉を刻みつけた碑(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_03.jpg
近未来的なシェル構造の第五福龍丸展示館の建屋(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_04.jpg
後年になって水揚げされた第五福竜丸のエンジン(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_05.jpg
「第五福竜丸展示館」の場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2020/01/200106_fukuryu_06.jpg
夢の島に佇み崩壊寸前だった第五福竜丸(館内展示写真/撮影:森下一徹)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×