なんと総延長40m 中野区に「巨大な防空壕」が眠る禅寺があった

中野区にある成願寺の境内の片隅には、総延長約40mもの防空壕が今でも残っています。都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_05.jpg
防空壕内の一室(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_06.jpg
竜宮城を思わせる明朝様式の三門(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_07.jpg
中野長者鈴木九郎の墓(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_08.jpg
多宝山成願寺がある場所(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_01.jpg
ジグザグに造られた防空壕(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_02.jpg
裏庭にひっそりと佇む防空壕の出入口(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_03.jpg
大観通宝の瓦当(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_04.jpg
十二支が護る香炉堂の天井(画像:黒沢永紀)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×