地下に漂う80年前の残り香――旧新橋駅のホームはなぜ「幻の存在」となったのか

「幻のホーム」と呼ばれる地下鉄の旧新橋駅ホームには、いったいどのような歴史があるのでしょうか。都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_05.jpg
当時の施工を物語る、隅が弧を描く階段(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_06.jpg
ホームの先端から見える、現役で運行する銀座線。線路が上り坂になっているのがわかる(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_01.jpg
会議室などの増築で幅が狭くなってしまったホーム(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_02.jpg
モザイクタイルで造られた右書きの駅名表示(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_03.jpg
バックライトでぼんやりと浮かび上がる車止め標識(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_04.jpg
相対式ホームの中央を仕切る簡素なアーチ型の列柱(画像:黒沢永紀)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×