プラスチックごみを減らすために、東京人が変えるべきふたつの重要課題

削減と再利用が近年叫ばれているプラスチックごみ。世界中の大手メーカーは目下、容器や包装材料の見直しに本格的に乗り出しています。日本人、とかく最も多くのプラスチックごみを排出している東京人は今後、どうすべきなのでしょうか。アラベスクS-Ray日本支店代表の雨宮寛さんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/12/191210_eco_04.jpg
削減と再利用が急がれるプラスチックごみ(画像:マクロミル)
/wp-content/uploads/2019/12/191210_eco_05.jpg
削減と再利用が急がれるプラスチックごみ(画像:マクロミル)
/wp-content/uploads/2019/12/191210_eco_06.jpg
削減と再利用が急がれるプラスチックごみ(画像:マクロミル)
/wp-content/uploads/2019/12/191210_eco_07.jpg
削減と再利用が急がれるプラスチックごみ(画像:マクロミル)
/wp-content/uploads/2019/12/191210_eco_08.jpg
削減と再利用が急がれるプラスチックごみ(画像:マクロミル)
/wp-content/uploads/2019/12/191210_eco_01.jpg
削減と再利用が急がれるプラスチックごみ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/12/191210_eco_02.jpg
近年の「びん to びん率」と「CAN to CAN率」の推移(画像:ガラスびん3R促進協議会、アルミ缶リサイクル協会)
/wp-content/uploads/2019/12/191210_eco_03.jpg
東京人はマインドセットを変革できるか(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×