長年の悲願達成も、相模鉄道「都内乗り入れ」が手放しで喜べないワケ

相模鉄道の西谷~羽沢横浜国大駅間開業で、相鉄の電車が東京を走ることになりました。通勤・通学客にとってはメリットばかりに見えますが、実はそうでもないようです。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/12/191201_sotetsu_03.jpg
2019年10月に、山手線内および近郊で働く25~45歳の男女400人に対して行われた意識調査の結果(画像:日京ホールディングス)
/wp-content/uploads/2019/12/191201_sotetsu_04.jpg
2019年10月に、山手線内および近郊で働く25~45歳の男女400人に対して行われた意識調査の結果(画像:日京ホールディングス)
/wp-content/uploads/2019/12/191201_sotetsu_01.jpg
神奈川県を地盤とする相模鉄道。東京への直通運転は相模鉄道の悲願(画像:小川裕夫)
/wp-content/uploads/2019/12/191201_sotetsu_02.jpg
西谷駅から羽沢横浜国大駅へと向かうために、地下線に入る相鉄の試運転列車(画像:小川裕夫)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

×