今よみがえる開高健と「昭和」の記憶――没後30年、杉並「開高健記念文庫」を訪ねて

作家・開高健の死から2019年12月で30年がたちます。そして、2020年は生誕90年という節目も迎えます。「今こそ開高健に関する著作を手に取り、偉大な足跡をなぞってみてほしいほしい」とイベントプロデューサーのテリー植田さんが熱く語ります。

/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_04.jpg
「開高健記念文庫」には直筆の生原稿コピーがあり、読める(画像:テリー植田)
/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_05.jpg
2019年9月に刊行されたばかりの『開高健のパリ』(画像:集英社)
/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_01.jpg
杉並区井草の「開高健記念文庫」には、開高の関連本がびっしりと並んでいる(画像:テリー植田)
/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_02.jpg
無料でダウンロードできる『はじめての開高健』(画像:集英社)
/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_03.jpg
住宅街の中に佇む開高健記念文庫(画像:テリー植田)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×