蒲田はなぜ「映画の街」となり、そしてひっそり消えていったのか

東京・蒲田にかつて映画スタジオがあったことをご存知でしょうか? その名も「松竹蒲田撮影所」。1936年の撤退まで日本映画の名作を数々と送り出してきました。そんな松竹蒲田撮影所の変遷について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/11/191127_kamata_04.jpg
1932(昭和7)の松竹蒲田撮影所の周辺地図(画像:時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)
/wp-content/uploads/2019/11/191127_kamata_01.jpg
松竹蒲田撮影所跡地は再開発され「アロマスクエア街区」に(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2019/11/191127_kamata_02.jpg
2000年に閉鎖した松竹大船撮影所の跡地(画像:(C)Google)
/wp-content/uploads/2019/11/191127_kamata_03.jpg
在りし日の「テアトル蒲田」「蒲田宝塚」。2018年11月撮影(画像:(C)Google)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×