浅草「神谷バー」 その芳醇な歴史を「電気ブラン」とともに振り返る

浅草・雷門近くにある「神谷バー」。その名物は「電気ブラン」で、ルーツとなったものが誕生したのは1882年といいますから、歴史を感じざるを得ません。そんな「神谷バー」と「電気ブラン」について都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/11/191121_kamiya_04.jpg
関東大震災と先の大戦を生き抜いてきたモダン建築の神谷ビル(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/11/191121_kamiya_05.jpg
デンキブランによく合うメニューのひとつ「豚肉の塩漬け」(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/11/191121_kamiya_01.jpg
スクラッチ・タイルが貼られた神谷ビル1階の外壁と、レトロなフォントがあしらわれたバックライトの看板(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/11/191121_kamiya_02.jpg
神谷傳兵衛のイニシャル「DK」をあしらったオリジナルグラスに注がれたデンキブラン(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/11/191121_kamiya_03.jpg
デンキブランの色にライトアップされた夜の神谷バー(画像:黒沢永紀)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×