墨田区の河童伝説が伝える、美しき「水辺」への親しみと畏怖

水辺にはなぜか昔から、怪談話が生まれやすいといいます。そう、たとえば河童とか。墨田区と江東区を舞台に、怪談・オカルト研究家の吉田悠軌さんがその背景を考察します。

/wp-content/uploads/2019/10/191025_kappa_04.jpg
江東区立亀戸第三中学校に建っている、「おいてけ堀」の石碑(画像:吉田悠軌)
/wp-content/uploads/2019/10/191025_kappa_05.jpg
江東区立亀戸第三中学校に建っている、「おいてけ堀」の石碑(画像:吉田悠軌)
/wp-content/uploads/2019/10/191025_kappa_06.jpg
「おいてけ堀」の舞台? 江東区立亀戸第三中学校(画像:吉田悠軌)
/wp-content/uploads/2019/10/191025_kappa_07.jpg
河童の石像がある、墨田区の錦糸堀公園(画像:吉田悠軌)
/wp-content/uploads/2019/10/191025_kappa_01.jpg
墨田区の錦糸堀公園に建っている河童の像(画像:吉田悠軌)
/wp-content/uploads/2019/10/191025_kappa_02.jpg
「オイテケ堀」と記された明治後期の地図(画像:吉田悠軌)
/wp-content/uploads/2019/10/191025_kappa_03.jpg
錦糸堀公園の河童の像は、どこかひょうきんで愛らしい表情。そのワケとは?(画像:吉田悠軌)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×