90年前の威厳そのままに――重要文化財「日本橋高島屋」の魅力を語りつくす

令和の時代を迎えた今も、1933(昭和8)年建築当時の威風を守り続ける、中央区日本橋の老舗百貨店「日本橋高島屋」。館内を見渡せば、設計を手がけた日本近代建築家たちの哲学を随所に読み取ることができます。都市探検家・黒沢永紀さんがアテンドします。

/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_05.jpg
日本橋高島屋の全景(画像:日本橋高島屋S.C.)
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_06.jpg
大理石の列柱の上にラーメン模様の肘木があしらわれた1階のメインフロア(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_07.jpg
シームレスの手すりが施工された増築部分の階段(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_08.jpg
屋上の風除室の天井はなんと折上格天井(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_01.jpg
創建当時の姿を今に伝える日本橋高島屋の外観。右奥の反り屋根の部分からが村野藤吾による増築部分(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_02.jpg
格天井にオリエンタルな装飾の欄間、そして大理石の壁には壁泉と釘隠しが打ち込まれ、和洋折衷を極める正面玄関(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_03.jpg
創建当時の姿を今に伝える壮麗なエレベーター(画像:黒沢永紀)
/wp-content/uploads/2019/10/191020_takashima_04.jpg
かつて屋上で飼われていた、ゾウの高子をモチーフにした塔屋(画像:黒沢永紀)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画