40年前に消えた幻の南千住「東京スタジアム」、かつての労働者の熱狂を求めて歩く

高度経済成長期、大衆を熱狂させた娯楽のひとつにプロ野球がありました。かつて球場があった荒川区南千住の地を歩くと、庶民とプロ野球との切り離せない関係を見て取ることができる――。法政大学大学院教授の増淵敏之さんは、そう指摘します。

/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_05.jpg
「東京スタジアム」跡地の向かいには、昔懐かしい風情の蕎麦屋がある(画像:増淵敏之)
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_06.jpg
「東京スタジアム」が建設される以前、同じ場所にあった「千住製絨所」の初代所長を務めた井上省三の像(画像:増淵敏之)
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_01.jpg
歓声を送る野球ファンたちのイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_02.jpg
プロ野球の観客動員数の推移(画像:日本野球機構のデータを基にULM編集部で作成)
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_03.jpg
草野球に熱中する少年たちのイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_04.jpg
かつての「東京スタジアム」跡地。現在は草野球場などに整備されている(画像:増淵敏之)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×