沿線に10年住んでわかった! 中央線の「高円寺」「阿佐ケ谷」「荻窪」を徹底比較、住むならどこ?

中央沿線で人気の街として知られる、高円寺・阿佐ケ谷・荻窪。これら3つの街の違いについて、フリーライターの増山かおりさんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/10/191008_chuo_05.jpg
洋間を取り入れた住宅の先駆け、荻窪の「西郊ロッヂング」(画像:増山かおり)
/wp-content/uploads/2019/10/191008_chuo_06.jpg
高円寺駅前は特にサブカルチャーを感じさせないが、街じゅうに網目のように張り巡らされた商店街に個性的な店が乱立している(画像:増山かおり)
/wp-content/uploads/2019/10/191008_chuo_07.jpg
かつて阿佐ケ谷の高架下にあったダイヤ街やゴールド街に代わり、「Beans」という商業施設がオープン。昭和感は息をひそめ現代的なテナントが入居している(画像:増山かおり)
/wp-content/uploads/2019/10/191008_chuo_01.jpg
中央線の線路越しに、荻窪駅の北口を望む(画像:増山かおり)
/wp-content/uploads/2019/10/191008_chuo_02.jpg
近年最も大きく姿を変えているのが、北口にある「あづま通り」。コーヒースタンドやアンティークショップなどのオシャレな店にもひと癖あるのが高円寺らしい(画像:増山かおり)
/wp-content/uploads/2019/10/191008_chuo_03.jpg
小さな飲み屋や飲食店が所狭しと建ち並ぶ北口の商店街「スターロード」には、今もノスタルジックな風景が残る(画像:増山かおり)
/wp-content/uploads/2019/10/191008_chuo_04.jpg
大きな施設に埋もれがちだが、「北口駅前通商店街」のようなレトロな飲食店街もある。また、駅のそばにバッティングセンターやボウリング場があるのも3駅の中では荻窪だけの特徴だ(画像:増山かおり)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画