すみだ水族館がアオウミガメの赤ちゃん2匹を一般公開、餌やりも間近で観察できる! 小笠原生まれで甲長たった6.8cm

2019年9月18日

お出かけ
ULM編集部

すみだ水族館では、小笠原諸島の父島で8月に生まれたアオウミガメの赤ちゃん2匹を2019年9月20日(金)より一般公開します。このために新たに特設水槽を設置。赤ちゃんの様子を間近で観察できます。

/wp-content/uploads/2019/09/190918_sumida_02.jpg
アオウミガメが産卵に訪れる小笠原諸島の南島。世界遺産に登録されている(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_sumida_03.jpg
成長記録などの表示パネルイメージ(画像:すみだ水族館)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_sumida_04.jpg
過去に開催された、体験プログラム「小笠原アカデミー ~ゆうゆうオガサワラ~」の風景。今回はアオウミガメをテーマに9月26日(木)の19時10分より開催される(画像:すみだ水族館)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_sumida_01.jpg
すみだ水族館にやってくる、令和生まれのアオウミガメの赤ちゃん(画像:すみだ水族館)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×