海外選手と触れ合える? 2020年オリパラ開催で盛り上がる「ホストタウン」事業とは

2020年の開催を控える東京オリンピック・パラリンピック競技大会。その裏でひそかに盛り上がっている事業があります。それは「ホストタウン」。いったいどのようなことをやっているのでしょうか。フリーライターの種藤潤さんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_05.jpg
2019年版のeスポーツに関する調査(画像:クロス・マーケティング)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_06.jpg
2019年版のeスポーツに関する調査(画像:クロス・マーケティング)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_07.jpg
2019年版のeスポーツに関する調査(画像:クロス・マーケティング)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_08.jpg
2019年版のeスポーツに関する調査(画像:クロス・マーケティング)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_09.jpg
2019年版のeスポーツに関する調査(画像:クロス・マーケティング)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_01.jpg
東京都青梅市は2016年6月にドイツとの「ホストタウン」を登録。2017年10月には、ドイツの伝統的なお祭りである「オクトーバーフェスト」をモデルに、ドイツの食文化を広く紹介する「青梅オクトーバーフェスト」を開催。約1万3000人を集めた(画像:種藤潤)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_02.jpg
江東区辰巳にある、建設中の東京アクアティクスセンターの様子。2020年東京オリパラの競泳競技の会場に使われる(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_03.jpg
北海道士別市は、2016年1月に台湾との「ホストタウン」を登録。その後、国立台湾師範大学のウェイトリフティングチームの強化合宿を誘致(画像:種藤潤)
/wp-content/uploads/2019/09/190918_hosttown_04.jpg
東京都青梅市は2016年6月にドイツとの「ホストタウン」を登録。同市ではカヌー競技が盛んで、2016年10月に同市で実施されたジャパンカップでは、ドイツチームがオープン参加した(画像:種藤潤)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×