原宿・竹下通り発 80年代にタレントショップとファンシーグッズが全国に広まった理由

1980年代に大ブームとなったタレントショップとファンシーグッズ。平成文化研究家の山下メロさんがそんな当時を解説します。

/wp-content/uploads/2020/09/190913_takeshita_08.jpg
懐かしのタレントグッズの数々(画像:山下メロ)
/wp-content/uploads/2020/09/190913_takeshita_09.jpg
懐かしのタウンガイドの数々(画像:山下メロ)
/wp-content/uploads/2019/09/190913_takeshita_01.jpg
現在の竹下通りの様子(画像:山下メロ)
/wp-content/uploads/2019/09/190913_takeshita_02.jpg
「HARAJUKU」と書かれたファンシー(画像:山下メロ)
/wp-content/uploads/2019/09/190913_takeshita_03.jpg
当時発売されたタレントショップ本。このような書籍が発売されるほど、タレントショップが注目されていた(画像:山下メロ)
/wp-content/uploads/2019/09/190913_takeshita_04.jpg
ファンシーグッズのバリエーション(画像:山下メロ)
/wp-content/uploads/2019/09/190913_takeshita_05.jpg
ファンシーショップの外観(画像:山下メロ)
/wp-content/uploads/2019/09/190913_takeshita_06.jpg
ファンシー絵みやげの数々(画像:山下メロ)
/wp-content/uploads/2020/09/190913_takeshita_07.jpg
地方のタレントグッズ。このように地名を入れてローカライズしている例もある(画像:山下メロ)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

×