猫カフェから水族館まで――動物愛護意識の高まりで問われる、都市型施設の姿勢と役割とは

2010年代に端を発した動物愛護・自然保護意識が高まりを受けて、動物のレジャー施設を取り巻く環境が変化しています。いったいその背景には何があるのでしょうか。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/09/190909_zoo_06.jpg
「ドッグフード・キャットフード」に関するインターネット調査の結果(画像:マイボイス)
/wp-content/uploads/2019/09/190909_zoo_07.jpg
「ドッグフード・キャットフード」に関するインターネット調査の結果(画像:マイボイス)
/wp-content/uploads/2019/09/190909_zoo_01.jpg
動物カフェのイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/09/190909_zoo_02.jpg
動物虐待のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/09/190909_zoo_03.jpg
動物園に飼われているキツネザル(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/09/190909_zoo_04.jpg
自然公園で戯れるタンチョウヅル(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/09/190909_zoo_05.jpg
アニマルセラピーのイメージ(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×