こんなに暑くて五輪開催できる? 灼熱都市「東京」を冷やす都の秘策に迫る

  • 知る!TOKYO
こんなに暑くて五輪開催できる? 灼熱都市「東京」を冷やす都の秘策に迫る

\ この記事を書いた人 /

小川裕夫(フリーランスライター)のプロフィール画像

小川裕夫(フリーランスライター)

2020年の五輪開催を控え、熱中症などの健康被害を参加選手に引き起こすとして、ヒートアイランド現象の緩和策に注目が集まっています。いったい都ではどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。

  • /wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_05.jpg
    都電荒川線の軌道内でも緑化が取り組まれている(画像:小川裕夫)
  • /wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_06.jpg
    西武鉄道は駅舎の壁面緑化を積極的に推進している(画像:小川裕夫)
  • /wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_01.jpg
    ヒートアイランド現象に見舞われた東京のイメージ(画像:写真AC)
  • /wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_02.jpg
    広い公開空地がある、2014年オープンの虎ノ門ヒルズ(画像:写真AC)
  • /wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_03.jpg
    高層ビルの屋上緑化のイメージ(画像:写真AC)
  • /wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_04.jpg
    日比谷公園では、緑化によるヒートアイランド緩和策の実証実験がおこなわれた(画像:小川裕夫)
この画像の記事を読む

関連記事