「ノーサイド・ゲーム」も好調 池井戸作品はなぜ共感を呼ぶのか? 東京目線で考える

現在放送されている池井戸潤さん原作のドラマ「ノーサイド・ゲーム」が3話連続で視聴率2桁キープするなど好調です。これまでにも「半沢直樹」「ルーズベルトゲーム」「下町ロケット」などをヒットさせてきた池井戸さんですが、なぜこれらの作品が視聴者の共感を呼ぶのでしょうか。その理由を法政大学大学院政策創造研究科教授の増淵敏之さんが解説します。

/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_04-1.jpg
原作からドラマ版までイッキ見したい作品ランキング(画像:CMサイト)
/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_05-1.jpg
原作からドラマ版までイッキ見したい作品ランキングTOP5(画像:CMサイト)
/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_01.jpg
社会人ラグビーを描いたドラマ「ノーサイド・ゲーム」のイメージ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_02.png
「ノーサイドゲーム」のエキストラ募集を告知する府中市のウェブサイト(画像:府中市)
/wp-content/uploads/2019/07/190730_ikeido_03.jpg
池井戸さんの母校・岐阜県立加茂高等学校がある美濃加茂市の水田(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×