漫画「妻が流産した男性のお話」を読んで、当事者の私が考えた「悲しみ」と「弔い」の分かち合い

妊娠・出産は人々のライフステージにおいて、とても喜ばしいことと考えられています。しかしその一方で、悲しみが存在していることも確かです。ライターの秋山悠紀さんが自身の体験を交えながら解説します。

/wp-content/uploads/2019/07/190717_tomurai_03.jpg
妊娠中に働いていた女性250人の実態調査レポート(画像:雪印ビーンスターク)
/wp-content/uploads/2019/07/190717_tomurai_04.jpg
妊娠中に働いていた女性250人の実態調査レポート(画像:雪印ビーンスターク)
/wp-content/uploads/2019/07/190717_tomurai_05.jpg
妊娠中に働いていた女性250人の実態調査レポート(画像:雪印ビーンスターク)
/wp-content/uploads/2019/07/190717_tomurai_06.jpg
妊娠中に働いていた女性250人の実態調査レポート(画像:雪印ビーンスターク)
/wp-content/uploads/2019/07/190717_tomurai_07.jpg
妊娠中に働いていた女性250人の実態調査レポート(画像:雪印ビーンスターク)
/wp-content/uploads/2019/07/190717_tomurai_01.jpg
流産した妻が夫に期待していることとは(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/07/190717_tomurai_02.jpg
亡くなった胎児を弔う水子地蔵(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×