いまさら聞けない「カルピス」の由来。今年で誕生100周年、ロングセラーの秘密は「香り」にあった

2019年7月11日

ライフ
ULM編集部

2019年、誕生より100周年を迎えた国民的飲料「カルピス」。群雄割拠の清涼飲料市場において、なぜかくも長く愛され続けてきたのか。その理由に、奥深いカルピスの一面が潜んでいました。

/wp-content/uploads/2019/07/190702_calpis_04.jpg
1919年の発売時の「カルピス」(画像:アサヒ飲料)
/wp-content/uploads/2019/07/190702_calpis_05.jpg
1922年に初めて登場した水玉模様の包装紙(画像:アサヒ飲料)
/wp-content/uploads/2019/07/190702_calpis_06.jpg
1953(昭和28)年の白地に水玉の包装紙。昭和世代には懐かしい、シルクハットにストローをくわえたキャラクターのイラスト入り(画像:アサヒ飲料)
/wp-content/uploads/2019/07/190702_calpis_07.jpg
1955(昭和30)年に発売された新容器(画像:アサヒ飲料)
/wp-content/uploads/2019/07/190702_calpis_08.jpg
100年記念のパッケージ(画像:アサヒ飲料)
/wp-content/uploads/2019/07/190702_calpis_09.jpg
カルピス創業者の三島海雲氏。内モンゴル滞在中に体調を崩し、遊牧民たちに勧められて飲んだ酸乳が、「身体によくておいしい」をモットーとする「カルピス」の発想の元となった(画像:アサヒ飲料)
/wp-content/uploads/2019/07/190702_calpis_01.jpg
「カルピス」の誕生は1919(大正8)年。今年100周年を迎えた。写真はイメージ(画像:アサヒ飲料)
/wp-content/uploads/2019/07/190702_calpis_02.jpg
一番最初の水玉の包装紙(画像:アサヒ飲料)
/wp-content/uploads/2019/07/190702_calpis_03.jpg
「カルピスウォーター」の製造ライン(画像:アサヒ飲料)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×