「子供の不幸繰り返さないで」 麻布十番「赤い靴」の少女像を歩ませた人情の連鎖(前編)

2018年9月19日

知る!TOKYO
ULM編集部

麻布十番商店街の広場「パティオ十番」には、おさげ髪の少女像が置かれています。その像は童謡「赤い靴」に深く関わっているといいます。いったいどのような背景があるのでしょうか。

/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_01.jpg
「パティオ十番」にたたずむ「きみちゃん」像(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_02.jpg
平日の昼にもかかわらず、多くの人たちでにぎわう麻布十番商店街(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_03-1024x683.jpg
「ローリエヤマモト」が入るビルに設置された「きみちゃん」のパンフレット(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/image-4-1.jpg
かつて鳥居坂教会の孤児院があった、十番稲荷神社(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/image-5-3.jpg
商店街に設置された、「きみちゃん」像への進路を示す看板(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_06.jpg
山本さんが保有する「きみちゃん」に関する資料の一部(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_07.jpg
「きみちゃん」に手を添える山本さん(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_08.jpg
山本さんが自費で取り付けたプレート(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_09.jpg
「きみちゃん」の台座部分に貼られたプレート。この下に「手づくり郷土賞」のプレートがある(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_10.jpg
「きみちゃん」像の設置は1989(平成元)年。現在も募金をする人が絶えない(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_11.jpg
ホームページを立ち上げるために独学で勉強したというテキスト(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_12.png
募金箱の管理時間を示したメモ(2018年6月12日、國吉真樹撮影)
/wp-content/uploads/2018/09/180723_kimichan_13.jpg
「きみちゃん」の本名である、「岩崎きみ」の名義で作られた口座(2018年6月12日、國吉真樹撮影)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×