日傘の効果を「生地」と「色」で徹底解説 もうすぐ夏到来、今年は男性ニーズも増加?

2019年6月3日

ライフ
ULM編集部

日傘は生地や色によって遮熱やUVカット、遮光効果などが異なり、それぞれにメリットとデメリットがあります。その使い方を間違うと、逆効果の場合も。日傘を多用する時季に備えるべく、傘製造メーカーの東京丸惣にこれらについて話を聞きました。

/wp-content/uploads/2019/06/190528_higasa_04.jpg
化学繊維 PU(ポリウレタン)シルバーコーティングの日傘(画像:東京丸惣)
/wp-content/uploads/2019/06/190528_higasa_05..jpg
白色でUVカット率99%を実現したプレミアムホワイト。都内では大丸東京店、松坂屋上野店、伊勢丹新宿店、銀座三越で購入できる(画像:東京丸惣)
/wp-content/uploads/2019/06/190528_higasa_06.jpg
首から掛けられるミニ扇風機。熱中症防止のため日傘と併用するのに相馬社長一押しアイテム(2019年5月、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2019/06/190528_higasa_01.jpg
日傘は真夏の熱中症対策にも有効(画像:東京丸惣)
/wp-content/uploads/2019/06/190528_higasa_02.jpg
UVカットと遮熱効果の比較表
/wp-content/uploads/2019/06/190528_higasa_03.jpg
日傘使用イメージ(画像:東京丸惣)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

×