平成イタリアンブームの象徴「イタメシ」、なぜ死語になった?

1990年代のイタリアンブームを象徴する言葉となった「イタメシ」。日本におけるひとつの食文化を牽引したといえるものですが、いつからどう使われるようになり、なぜ消えていったのでしょうか。

/wp-content/uploads/2019/05/190521_itameshi_04.jpg
日本人にも人気のイタリアのカプリ島にある「青の洞窟」(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/05/190521_itameshi_05-1.jpg
日本橋の浜町にある「アルポンテ」。半蔵門線「水天宮駅」から徒歩約5分(2019年5月、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/05/190521_itameshi_06.jpg
「アルポンテ」のオーナーシェフ、原宏治さん(2019年5月、宮崎佳代子撮影)
/wp-content/uploads/2019/05/190521_itameshi_01.jpg
日本人の味覚にあう和風スパゲティの登場も、イタリアンブームの背景のひとつ。写真はそのひとつ「たらこスパゲティ」(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/05/190521_itameshi_02.jpg
イタリアンブームの背景のひとつに挙げられるティラミス(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2019/05/190521_itameshi_03.jpg
原さんがオーナーシェフを務める「アルポンテ」(2019年5月、宮崎佳代子撮影)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画