清澄白河で「ワイルドシルク」体験しちゃおう! シルクとは違う着心地やメリットも

2018年9月19日

お出かけ
ULM編集部

清澄白河のブルーボトルコーヒーの近くに、ワイルドシルクのミュージアムがあります。シルクではなくワイルドシルク。ワイルドっていったい何でしょうか。取材しました。

/wp-content/uploads/2018/08/180726_wild_01.jpg
ワイルドシルクで作られた製品が並ぶ館内(2018年6月28日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/08/180726_wild_02.jpg
「ワイルドシルクミュージアム」の外観(2018年6月28日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/08/180726_wild_03.jpg
「ワイルドシルクミュージアム」の前に置かれたプレート(2018年6月28日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/08/180726_wild_04.jpg
笑顔を見せる館長のかいこやさん(2018年6月28日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/08/180726_wild_05.jpg
繭を使ったピン止めを作るワークショップの様子。参加した40代の主婦は今回で3回目の参加だという(2018年6月28日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/08/180726_wild_06.jpg
館内では、野蚕「エリサン」の幼虫には餌やり体験ができる。虫が苦手な人には「隠すこともできます」とかいこやさん(2018年6月28日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/08/180726_wild_07.jpg
ワイルドシルクなどに関する貴重な資料がディスプレイされた棚(2018年6月28日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/08/180726_wild_08.jpg
家蚕と野蚕の吐く糸の構造の違いを示したポップ(2018年6月28日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2018/08/180726_wild_09.jpg
ワイルドシルクの繭(2018年6月28日、ULM編集部撮影)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×